FC2ブログ
2019 031234567891011121314151617181920212223242526272829302019 05
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  HOW TO HIPHOP    2006.11.09
このブログを書いていて、俺はあまり音楽制作の技術的な事を書いた事がない。それには個人的には理由がある。

答えはただ単に「教えたくない」からです。

これは、決してケチな考えでは無く、本当に求めている人にとっては教えるべきではないからだと思うからです。
仮に教えたとしても、理解しがたくそれを実行して形にする事は初心者には無理だからです。

最初、何かをきっかけにトラックメイクやレコーディングにトライしてみようと思う人が多いのは、この機材の充実している世の中では当然の事でしょう。
がしかし、その中で何人が本当に追い求め、いいモノを作るかは、センスと人は言うかもしれないが俺的なセンスとは「着眼点」から始まる才能だと思うから。

音を扱うクリエイターは、その着眼点からある一つの物を作りだす。
白紙から何かをヒントに色を付けていく。
その着眼点こそ、機材を買ったときに初めて問われるものだからだ。

「この音はどうやって出すんだろう?」と聞かれれば、それは知ってる範囲で答えられるが、まず自分で気づく・調べる事が大事だと思う。
その一つの音を追い求める事によって、他の事も同時に学ぶという事が多いから。

>調べても、何について書いてるのかさっぱりわからない。
それでもいいんです。自分がわかる言葉の中で学んでいけばいいんです。一年後、その時わからなかった言葉の意味が不思議に理解できるようになってますから。

>機材を買いたいけど何を買えばいいかわからない。
安いソフトを買いなさい。高価なソフトを買う程何が自分に必要なモノなのかを理解できません。知識のない今は自分に投資する必要もありません。とは言っても今は安価でもすごく機能が充実してますので、何でもできちゃいます。よい時代ですよ。

そして、はじめからモノを揃えるのもよくありません。
部屋がスタジオっぽ~いの自己満足で終わり、何もできなければそれこそワックですよ。一つの物でできる限りの物を作りましょう。そうすれば自ずと自分の環境に何があれば何ができるようになるかがわかります。楽器屋に相談しても、楽器屋は楽器を売るのが商売です。これとこれが必要ですよ!で買うのでは無く、これとこれが俺には必要なんだと言って買いなさい。

偉そうに書いてるが所詮、俺もまだまだアマです。でもやろうとしてる事はある程度音に出せる自信は多少あるので書いてみた。
トラックメイクやRECを始めた当初から実は使ってるソフトや機材は変わってないんです。要は、いかにある物を自分の物にするかだと思います。

最後に音楽作りは
①に想像力
②に努力
③に努力
だと思います。ここまで発揮できれば人はクリエイターと呼べるでしょう。
そこから先は
④才能
⑤人望
でプロとして仕事になるかもしれませんよ。と勝手に思います。

FC2 BLOG RANKING
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://legendelta.blog2.fc2.com/tb.php/184-a4127d9b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。